FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
弱さ・・・
2009 / 10 / 24 ( Sat )
648295894_43_convert_20091024213853.jpg


 俺が触れようとすると 

        震えながらいつも言うんだ

         ごめんね と

      ただ、あなたの手を握り締めたいだけ

      ただ、あなたをそっと抱きしめたいだけ

        それさえも できないのか

        俺達付き合ってるんだよね

         付き合うって何だろう

     幼き俺 あなたの過去の苦しみを知らず

        俺はそんな言葉を発していた

       何かあったんだろうな

       だけど、あなたは口を開こうとしない

        それに苛立ちを覚えたゆえ

          発した言葉

       幼き俺 始めての恋愛だった

       友達とダブルデート

        手を繋いでいる友達カップル

       俺達はいつも少し遠く離れて歩く

     本当は それでもあなたの愛を痛い程感じていたし
            
         俺もあなたを愛していた

        それでいいんだ 俺達は俺達で

         ゆっくりでいいんだ

         ゆっくりで、、、、

      だって好きなんだから 大好きなんだから

      だけど 何かを求めてしまう自分がいて

       幾度となく あなたを傷つけた

          ごめんな
 
          ごめんね

    あなたの過去を知りたいわけじゃないんだ

    あなたの背負ってる何かを俺も背負いたい

    ただ、思い出すのは辛いよね

    だから、俺は何も言わないよ

    だから 安心して ね??



    
     私ね 男の人が怖いんだ

     だけど、あなたの事は好きだよ 大好きだよ

     頭では分かってるけど、体が拒絶するんだ

        ごめんね 本当にごめんね

    
    痛々しい経験 ずっとそれを背負ってきた

        その小さい体で

       その優しい眼差しで


     人間とは醜き生き物 されど 

     こんなにも美しく尊い生き物

    
    幼き俺

     はじめて あなたを強く抱きしめた


      小刻みに震えるあなたの体

       溢れる涙と涙

      あなたは震えながら言った

       ありがとう ありがとう と

       
      この体温忘れないでね

 
     俺も男 欲望がないって言ったら嘘になる

     だけど、それ以上に あなたが愛おしいんよ

      ゆっくりでいいんよ ゆっくりで

      それにね 俺はすごく嬉しいんだ

      あなたが心を奥を開けてくれたこと

         それだけで十分さ

         辛かったね でもね

       あなたの苦しみや悲しみ

        それは全て この俺の心臓の鼓動と共に

        しっかりと歴史に刻んでいくからね

         だから 大丈夫 大丈夫やで

       
     震えた声であなたは、ありがとう そう繰り返す

        
         
     強きものは弱いものを傷つけ

     人の欠点を探しては、それを罵る

     過去、今、そして未来

     歴史表に残らぬ見えぬ醜き世界

     されど、心の中には永遠に残る世界

     歴史の過ちを嘆くならば
   
     即ち 心を大切にし

     心から変えていかねば 何も変わらぬ

     対立や衝突から生まれるのは憎しみのみ

     人と人と繋ぐのは優しさ

     ここから変わるといいな

     優しさのバトン


   あれから月日が流れ 別れの日が来た

   あなたはあなたの信じる道へ

   俺は俺の信じる道へ

   あなたは、遠い遠い世界へ


       始めての恋愛で始めての別れ

   そんなあなたは 今も元気にしていますか??

          俺は元気です
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

21 : 42 : 03 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<最後の夢 | ホーム | スプートニクの恋人>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chicken1224.blog109.fc2.com/tb.php/132-75c1cc06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。